カードローン審査予備知識

まずはローン審査申込み前に「審査通過率」を知っておきたいですね!

▼審査通過率Ranking▼



プロミスはWEB完結で24時間キャッシングOK



三菱東京UFJ銀行カードローン お試し診断



≪来店不要で即日回答≫プロミスのレディースキャッシング



◆カードローン審査前に知っておきたい予備知識◆

改正貸金業法の完全施行後、カードローンは約10年前と比べて、かなり借りにくくなっていると言われていますが、工夫しだいで借りられる確率はアップします。

一番効果的な方法は、ムダな借り入れをしないことです。

具体的にはムダな費用のために借りないということであり、ショッピングやギャンブルなどが該当します。

期間限定の商品ならば、借りて購入するだけの価値があるかもしれませんが、ほとんどの商品は1週間我慢すれば、所有欲は低下してしまうものです。

衝動買いやストレス解消のための買い物、ギャンブルといった浪費のために借りるのは避けてください。

希望額を少なくすればするほど、審査に通る確率は高くなるでしょう。

さらに、複数のローンをまとめることができれば、査定では確実に有利になるでしょう。

多くの方は借入金額にだけ着目するのですが、実際には借入件数も重視されるのです。

100万円のローンを組んでいる場合、1社から100万円借りているのと、5社から20万円ずつ借りて合計100万円の借入額になるのとでは、状況はまったく違ってきます。

この場合、借入件数が少ない前者のほうが、審査において絶対的に有利となります。

銀行から借りる場合は、口座を開設しておくと有利になります。

さらに口座に預金しておけば、それが担保とみなされますから、審査における評価は高くなるでしょう。

カードローンは担保不要のローンと言われていますが、無担保よりも有担保のほうが審査で有利になるのは間違いありません。